2009年3月23日月曜日

【20090322】2009東京マラソンレポートその4「ゴール~自宅~夕食~感想」

◆ゴール~帰宅編

ゴールして足ガクガク。でもすごい人で座るところも無い。すぐにチップを外してもらいたいけど、そこも混んでて進まない。少し待って、チップをはずしてもらう。そして、チップと交換で完走メダルをもらう。感慨深かった。

スポーツタオルをもらい、水やバナナなどをもらって、サロンパスブースに。そこでエアーサロンパスを配ってるのでもらっておいた。でも寒くて足にかける気力は無かった。

奥さん達は、ビックサイトの入り口付近で待ってるみたいなので、着替えないで行こうと思った。サロンパスブースのあと、荷物を受け取りに30番バス地点まで行く。すれ違う係りの人がみんな「お疲れ様です」「おめでとうございます」と大きな声で言ってくれるのがうれしかった。

荷物受け取り地点でも、みんな拍手で迎えてくれた。少し恥ずかしかったけどとてもありがたかった。参加して良かったなぁと改めて思った。荷物受け取りも第一回目はすごく待たせたみたいだけど、一秒も待たなかった。遠くからゼッケンを見て用意していてくれた。改善されているんだなと思った。

着替えスペースもきちんと用意されているので、そこでコートだけ羽織って、奥さんと合流するために移動を始めた。ここでもすごい混んでいたけど、それ程迷うことなく合流できた。足はガクガクだった。そういえばゴールしてから一回も座ってないし、ストレッチもしてない。でも雨だから外でストレッチを行うわけにもいかず、まずは家で風呂だって思ってた。

国際展示場前駅に移動。外は寒かった。切符売り場は異様に人が並んでいて、普段電車乗らない遠方の人も来ているんだなと勝手に予測していた。奥さんがみんなの切符を買ってきてくれて、りんかい線に乗る。りんかい線は待たずに乗ることが出来た。

渋谷で降りる。奥さんの祖父母と弟は新宿まで行くのでここで一旦解散となる。
本当に応援ありがとうございました。待たせてすいません。

渋谷の階段を下りるのが辛すぎた。東横線、特急に乗ることが出来た。ゴールして初めて座る。電車は暖かくて快適だった。疲れが体全体を覆っている。奥さんに、「塩ふいてるよ」って言われた、首筋を触ると塩がついていた。なめたらしょっぱかった。

家まで焼く40分。電車で少しだけ寝た。少し体が楽になった。そして横浜へ。大雨だった。スタート時にこの天気じゃなくて本当に良かったと思った。家に着いて、早速風呂を入れる。シャワーもつけて、シャンプーをする。気持ちいい。体も洗って、洗顔もする。気持ちよすぎる。お湯が溜まって、バブを入れてつかる。
生き返る。お風呂って素晴らしいと思った。文字通り生き返った。足は痛いけど、でももう大丈夫。走りきった。42.195km。良かった。

風呂から上がって、skinsを履く。この日のために買ったskins、湿布もして、回復に努める。家に忘れてあった、アミノサプリを飲んで回復を待つ。さぁ、夜ご飯。

◆夜ご飯編

奥さんのいとこの家に行ってごちそうになる。とんかつと海老フライ。長距離を走ると肉が食べたくなる。普段は肉は全然食べたくならないんだけど、走ると食べたくなる。一気に食べた。ビールも2本飲んだら、疲れがドット出た。他人の家なのにソファーでくつろいでしまった。体がどうしようもなく疲れていた。

フジテレビのジャンクスポーツを見ると、魔裟斗が4時間切っていた。やっぱすごい。安田美紗子も4時間30分だった。負けた。でもそんなに悔しいわけじゃない。マラソンはやっぱり自分との戦いだと思った。金村も途中で足を痛めたみたいだった。ひざとか痛くなると途端に走れなくなる。だから、今日サポーター無しに42km走れたのは自信になった。

なんかすぐにお腹一杯になったので、あまり食べれなかった。残してすいません。そして早めに帰り、すぐに寝た。本を少しだけ読んだけど、すぐに眠くなった。気づいたら朝だった。


◆感想

フルマラソンは本当にしんどい。走ってるときは辛くて、辞めたくて、何でこんなことをしてるのか疑問でしょうがなかった。ゴールした瞬間も達成感よりも、走らなくて良い安堵感の方が強かった。でも、一日経つと、達成感が俄然大きくなってくる。あと東京マラソンはマスコミの放送も大規模なので走ってない人もみんな興味をもっているみたい。そうすると走ったことを話したりして、また達成感が膨らんでいく感じがする。

まだ、足も痛いし、全身だるいけど、また走りたいなぁって思い始めている。あんなに辛かったのに、何言ってるの?と自分に問いたくなるけど、また走ってみたいなぁ。とにかく完走できて良かった。人生初のフルマラソンは、「4時間58分37秒」この数字は忘れないし、次回はこれを超えて行きたい。

応援ありがとう。

0 件のコメント: