2010年12月6日月曜日

【20101205】横浜マラソン




横浜マラソン出てきました。2年ぶり。去年は申し込みしようとしたら締めきっててビビった。今年は申し込み当日9月1日10時ジャストでサイトにつなぐも、なかなかつながらず、イライラしながらエントリー完了。一旦セッションが切れて並びなおしになったときは、RUNNET殺すとか思った。

んで、朝6時30分に起床。朝御飯はパンとウィンナー。お風呂入って、準備始める。近くでのレースなので時間に余裕があると思って、7時50分に出発。少し小走りで会場へ向かうも、奥さん早くもバテてしまい、歩き出す。予想外に時間がかかりゼッケン交換時間ギリギリの8時25分にゼッケンをもらう。それで2年前と同じようにジョナサンに行く。ジョナサンでこれも2年前と同じようにホットミルクを頼んで、シューズにチップを装着し、ゼッケンを前後に着けた。準備完了。奥さんはとても眠そうで目の前で寝ていた。大丈夫かいな?

時間は9時20分。スタート10分前なので、並ぶことに。もう前の方はいっぱい。そんなに走りこんでないので、中段くらいからのスタートを狙う。中村俊輔が挨拶していた。お前も頑張れよとか思いながらスタートを待つ。久しぶりのレース。今年はあんまりレースに出ていない。スイカマラソン以来だ。走りこみも少ないので不安一杯。故障だけは避けたいと思って、最後までストレッチもどきを行う。

そしてスタート。ものすごく周りが早い。どんどん抜かれていく。みんな早い。これは途中でバテるのか、そもそも皆早くてレベルが高いのか。結論を書くと後者でした。このレースものすごくレベル高い。と言うか早い。あんまり遅い人がいないしバテてる人もいなかったように感じた。

最初の1~2kmは余裕な感じ。スイスイ走れる。ただ後ろのほうだったので渋滞が激しかった。1kmあたり5分10秒くらいで走ってたはず。あー、そう言えば給水無いんだったと思い、息が上がらないようにする。でも暑い。今日は本当に暑かった。上着とかいらなかった。腕まくりして前も開けて走る。汗が止まらない。とても暑い。水飲みたいけど給水が無い。ペースは早いしこれヤバいと思いながら走ってた。6km地点まで給水がなかった。いやーこれには参った。2つ紙コップを受け取って一気に飲む。うまい。少し楽になった。

ここからは、同じようなペースのおじさんに着いて行くことにした。この人ペースも一定で余裕がある。それで着いて行く。結局3~4kmくらい後ろに着いていた。ありがとうおじさん。でも最後は着いて行けずにバテてしまった。10km近くで先頭集団とすれ違う。これも2年前と同じ。なので、ペースも同じくらいかなと思いながら走ってた。しかし周りのペース落ちないなぁ。普段ならこの辺からペース落ちてくる人が多いはずなのに。

12kmくらいで折り返しが出てくる。あとは帰るだけ。折り返してから後ろに走っている人達が見れるんだけど、、、あんまりいない!もしかして後ろのほうなの?これやばくね?とか考えて走ってた。ただ、喉がかわいてしょうがなかった。14km地点でやっと二つ目の給水所。来た!飲むよ。ということで、紙コップ2つ持って一気に飲む。うまし。また走りだす。周りの面子もあまりかわらない感じで進む。なんだか右脚の膝外側に違和感を感じるようになってきた。スピードが上がらない。

ここからはずっと我慢だった。あまりごぼう抜きをすることも出来ず、時々抜かされながら走ることに。辛かったー。本当にきつかった。しかも周りのペースがまったく落ちない。時々足が吊ったりして歩いている人がいるんだけどほとんどが若い人。中年からお年寄りにかけてはほとんどバテていない。素晴らしいと思った。そして足が吊りそうな自分。まいったー。なんとかもってくれーと思った。

18km、19kmくらいで足に限界が来た。ピッキーんと。それで止まった。レースで止まるのは久しぶり。東京マラソン依頼。こんなに足が痛いとは。屈伸をして、痛いところを叩いたりして歩き出す。遅いのはいいんだけど、歩くのは嫌だなぁ。と思って1~2分歩いた後は、ゆっくり走りだした。あと少し。横浜baysideがみえてきた。ライブハウス。ここって山下公園からすぐそこじゃんとか思いながら走った。足痛てー。2年前も足痛くてけがしたことを思い出してなるべく無理しないように走った。悔しいなぁ。ゴールが見えてきて、ラストダッシュしたかったんだけど、このダッシュでさえ途中で失速。ダメだ。まいった。今回は負けだ。普段走り込んでいないのに、大会だけ良い成績だしたいなんて都合が良すぎた。反省。悔しい。と思いながらのゴール。結果は、

時間:01:53:56
順位:2250/2728

※参考(2年前)
時間:01:45:43
順位:1611

おお。ビリから数えたほうが早い。1kmあたり5分38秒なので決して遅くないと思うのだが、、この順位。レベル高いなぁ。この反省を生かして走りこみたいと思いました。体ガクガク。疲れた。

ちなみに奥さんは初10kmを1時間10分ほどでゴールしたそうな。頑張ったな。もっと遅いかと思ってた。しかし彼女の疲弊具合は半端無い。フルマラソンを走ったかのごとくバテていた。そのままゆっくり歩いてランドマークプラザに行き、牛たんを食べて帰りました。

完走賞のTシャツが普通の生地から速乾性の生地になっていた。これは素晴らしい。デザインもシンプルで良いし、使えないTシャツを配るレースから脱却したみたい。来年も走りたい。

0 件のコメント: