2009年6月29日月曜日

【20090628】富里スイカロードレース大会

◆起床~駐車場到着編

前日の湯の蔵ガーデンサウナを経て、体調ばっちりで朝5時を迎えました。
前回と同様、平塚からの出発。運転は嫁弟。あぁ、なんて楽なんだ。朝の移動で
寝れるってことはすばらしい。天気も散々雨が続いていたけどなんとか持ちそう
な予感があった。雨じゃ無い大会なんて千倉以来だ。と言うか、晴れのレースが
一回だけなんだけど。。

行きの途中、セブンイレブンで朝食を購入。これも恒例になってきた感がある。
微妙にみんな慣れてきているのが微笑ましい。パンとおにぎりとを食べた。うま
し。そして今回のレースは千葉県の富里市。成田の近くなので、東名高速から湾
岸抜けて、京葉道かな?それで到着するはず。

で、寝てしまいました。ぐっすりと。道路は全く持って空いていた(みたい)た
だ、このスイカレース、駐車場が無い、もしくは遠いって噂だったのでなるべく
早く到着したかったって思いがあった。

で、富里ICまでは順調。7時30分くらいにはついたはず。でもこの出口でなんと
2km近い渋滞が発生。恐らくETCが整備されてなくて、渋滞なんだろうけど、これ
にはまいった。ここで30分くらいロスした。あー、一番近い駐車場は難しいだろ
うなぁって思ってた。

ノロノロと進んでやっと出口。この時点で8時。うーん。もしかして、万が一を
考えて、弟には一番近い駐車場を目指すように伝える。で、行ってみると案の定
「満車」の看板が出ている。どうしようか。ここが判断のしどころだ。このまま
進んで少しだけ遠い臨時駐車場(120台収容)を目指すか、戻って遠いけど大き
な駐車場(500台収容)を目指すか。。。

弟よ、戻ろう!ってことでUターンして第2駐車場へ向かいました。案の定空いて
いたので無事車を置くことが出来る。地方のマラソン大会は毎回駐車場に苦労さ
せられます。民家とか、会社の駐車場とか、工場とか開放すれば良いのに。とか
思いました。

駐車場に到着すると、噂通り、いきなりスイカがある!しかも無料。これは食べ
るしかない。ってことでスイカ食べます。うまい!はっきり言って甘くて美味し
い。今年初スイカ。とても美味しかった!


◆会場移動~受付~嫁出発編

会場まで2.5kmって書いてあったけど、思ったよりも遠い。歩いても歩いても到
着しない。他の人達も一緒に歩いているので、この方向で合ってるはずなんだけ
ど不安になるくらい遠かった。雨だったらと思うとゾッとする。

なんか気づいたら8時30分くらいになっていた。あれ、あと15分で受付終了だよ。っ
てことで早足で歩くようにする。と思ったら、メロン配ってたり、とうもろこし
売ってたり、焼そば焼いてたり、誘惑が一杯。もう中々進めない。それでも歩い
て受付目指す。もうこの時点ですごい人。でも場所も広いために受付テント自体
にはあまり人もいない感じだった。すぐにゼッケンを受け取って、嫁弟や嫁祖父
母のもとへ戻る。

で、トイレに行きたかったので、トイレ行って、そのまま5kmのスタート地点へ
進む。もうすごい人だった。先頭にはサンドイッチマンの伊達と富沢がいた。特
に伊達は金髪なので目立ってた。伊達自信はあまり笑顔も無く、走る気全く無し
的な感じだったような気がした。

奥さんのスタートが近づいてくる。一ヶ月ぶりに走る彼女はまったくもって練習
不足。でも5kmなのでなんとかゴールできるはず。初めての給水とか、給スイカ
所とかを楽しんで欲しいなぁと思ってた。しかし本当にすごい人だった。屈伸し
てアクエリアスを少し飲んで、気づけばスタート。頑張れ嫁!とお見送りして、
みんなとは別れて、10kmのスタート地点に向かう。


◆スタート~5km地点編

なんか、20分前でもまだあまり人が集まってこない。そんな訳でスタート地点が
10km35分のグループにうかつにも並んでしまった。みんな本当に早そうな人が多
くて少しビビる。だんだん人もたくさん集まってきて、後ろにも下がれない。な
どと思っていたら、スタート!

ちなみに、天気は曇り。この季節で、この気温だと本当に走りやすい。天気がもっ
てくれて本当に良かった。助かった。応援者もたくさん歩いたりするから雨だと
辛すぎるなぁって思った。天気、ありがとう。

前の方だっただけに、すぐにゲートを通り抜けて、走り出す。するとすぐに給水
所がある。なんだよー。早くない?こんな手前に給水所作るっていけてないなぁ
と思ってた。つまり、これ以降から苦しくなるのに、1kmで給水所はダメってこ
と。とか考えていた。

当然、最初の給水所はスルー。前の方スタートだったため、ガンガン抜かれる。
すいません。遅くて。1km通過タイムは5:10くらい。まぁそんなもんかなぁと思っ
てた。いつもみなとみらいを走っているスピードくらい。早くも無く、遅くも無
く。心拍数もそれほど上がってないはず。

1kmを過ぎて、走っていると、「あと100mで給水所」って看板が!?どういうこ
と?とか思って走っていた。すると、2km地点に給水所がある。もしや、これは、
1kmごとに給水所があるのか?それってやり過ぎじゃない?大変でしょ?とか思
いながら走っていた。で、早速2km地点で水をもらう。体が熱くなってきたとこ
ろだったので、美味しかった。

それで更に進む。この大会、夏の大会って分類に入るらしく、とにかく給水には
気を使っていた。本当の真夏の大会、富士吉田火祭りマラソンなんて、10kmの間
に2箇所しか給水所用意してないよ。ほんとに。しかも水だけなんだから。スイ
カマラソンが人気な理由が分かる。分かるよ。

先月も思ったけど、あまり走りこんでないので、体が重くてしょうがない。たっ
た10kmなのに、なんか3kmくらいから疲れてきた。辛い、辛いって思いながら走っ
てしまった。応援とかすごいのに、本当に3~4km地点がきつくてしょうがなかっ
た。

5km地点が給スイカ所かなーとか思いながら走っていたけど、5km地点もスイカは
無かった。ただ、スポンジが!あぁ、これやったことないなぁ。マラソン中継と
かでよく見る光景。スポンジを頭からギュッと絞って、水をかぶるアレね。これ
は是非やってみようってことでスポンジ二つ持って、頭から絞る。水が気持ちい
い。なんかマラソン選手みたい。ただスピードは遅いけど。

5kmまでもそんなにペースは落ちてなかったように感じる。だいたい5分10秒から
20秒くらい。早くも無く、遅くも無くと言う感じ。でも息は上がってきていた。
異様に疲れる感じがする。たった5kmなのに。。練習不足なんだよなぁ。


◆5km~給スイカ所~ゴール編

んで、5km過ぎました。あぁ、まだ半分もあるよ。ってのが正直な気持ちだった。
疲れるなぁ。スイカまだかなぁとか思ってた。路上にある電柱に番号が振ってあ
るんだけど、この辺に来て、これが距離表示だと気づいた。例えば「62」は
6.2kmってことみたい。「63」「64」と100m単位で距離表示がある。これ驚いた。
100m単位の距離表示って何だよ。すごくない。あと100遠く無い?100mってこん
なに疲れるんだっけ?

7km、8kmと来て、とうとう来ました、給スイカ所。これが、これだよ。やってみ
たかったのは!ポケットにあるデジカメを出して、走りながら写真を撮る。なん
か余裕みたいでしょ。でも正直疲れている。そんな中でもかっこつけて、「僕、
カメランやってるんですよ」的なアピールを無駄にしていた。カメランってのは
写真を撮りながら走るランナーを指す。とうとう、カメランにもデビューしてし
まった。

スイカ、たくさんあった。驚くぐらいたくさん。そういえば、給水所の水も、ス
ポンジもものすごいたくさんあった。東京マラソンくらいあるのかってくらいた
くさんあった。意外とスイカをスルーしていく人が多い。もったいないなぁ。こ
の給スイカ所がメインなのに。なぜ食べない。そんな人はほっておいて、スイカ
食べました。やはり甘い。甘くておいしいよ、スイカ。一気に食べてもう一切れ。
歩きながら食べる。するとおばちゃんが、「もう一個!」と言うので、それを持っ
て走ってみることにした。

あと2km。ココからは、右手にデジカメ、左手にスイカを持って走った。あと2km
と思うと余裕が出てきて、スピードも少し上がったような気がした。小さい子が
「スイカ持ってる人がんばれ~」とか言ってくれた。あー来年は仮装して走ろう
かなぁ。仮装している人も多い大会だなぁとか思いながら走っていた。

息は異様に上がるし、まったくもってグダグダに走っているんだけど、ゴールが
近づいてくると路上の応援もすごい。そんな人達を写真撮りながら走ってみた。
これが、ファンランだと思う、とか考えながら走ってると、グラウンドに到着。
ここから少しスパートかけると、ゴールだった。ゴールの手前で嫁と応援団がい
たので軽く手を振ってゴールした。

結果が出ていたので、書く。

出場種目 10km一般男子
距離 10km
タイム(グロス) 00:52:04
タイム(ネット) 00:51:57
種目別順位 739/2610
総合順位 1907/8068


タイムは、52分04秒。うーん。50分切りたかったなぁ。スイカ食べたからしょう
がないか。これが限界だったかも。ちなみに、今までの10kmレースの結果は

2008年8月24日(日):00:55:31:第28回山日YBS富士吉田火祭りロードレース
2008年9月23日(日):00:48:53:第38回南房総市ロードレース千倉
2009年6月28日(日):00:52:04:第26回富里スイカロードレース

となるので、ギリギリ火祭りよりも成績は良かったことに。
順位は、もっと後ろかと思ってたけど、真ん中より早くて良かった。総じてそれ
程悪い結果では無かったような気がする。でももう少し走りこみたいなぁと。


◆ゴール~駐車場~帰宅編

ゴール後、スポーツドリンクを飲んで、メグミルクを飲んで、応援団と合流する。
帰り道のテントでも、スイカを配っていたので、5切れ程食べる。この大会は何
といっても応援団も無料でスイカが食べれることがうれしい。他の大会だと選手
だけにサービスが主流なので、いつも申し訳無い気持ちになったり。嫁祖母もス
イカは好きじゃないって言いながらたくさん食べてたのが微笑ましかった。

猫ひろしも走ってたみたい。帰り道々歩くんだけど、とうもろこし買ったり、ビー
ル買ったりしながらみんなでゆっくり歩いて帰った。とうもろこしは美味しそう
だった。帰り道の駐車場へは行きよりも近く感じた。

駐車場に着くと、またスイカを食べる。なんか本当にスイカたくさん食べている
なぁと思う。どこで食べても甘くて美味しかった。車の中で汗を拭いて、パンツ
まで代えて着替えた。汗拭きシートで体拭くだけでも、かなりスッキリした。着
替え終わると帰宅の徒につきます。

帰り道は富里市内の高速乗るまでが混んでいたけど、あとは特に混んではいなかっ
た。なので、嫁弟には申し訳無いが、ノンストップで嫁叔母の家まで運転しても
らった。帰り道とうとう雨が降り出す。しかも相当強く降ってきた。あぁ、レー
ス中に降ってこなくてよかったなぁ。助かった。走ってるときは曇り空でとても
快適に走れたので、良かった。応援の人も雨じゃなくて良かった。

嫁叔母の家に到着して、風呂に入る。とっても気持ち良い。なぜかミスドがある
のでみんなで食べて、買ってきたとうもろこしを茹でて食べた。とうもろこしは
甘くてとても美味しかった。それで17時くらいまでぐだぐだして、夜ご飯を迎え
る。

夜ご飯は、餃子。とうもろこし食べてからそんなに時間は経ってなかったけど、
一気に食べた。うまし。あさりの味噌汁もうまかった。お腹一杯になった。嫁弟
は若いので、黙々と全てを食べていた。やはり走った後のご飯はおいしいなぁ。
と思った。次のレースも頑張りたい。

今回も応援ありがとうございました。


↓他の方のレポートはこちら


富里スイカマラソンレポ:30’sの美ジョギング

スイカロードレース前夜 | 29歳、ジョギング美人生活

富里スイカのウェア: 走ったら。。。幸せが見えてくるから♪

第26回富里スイカロードレース大会: JOBよりJOGでしょ!

スイカロードレースにモノ申す! - 『RunDairy』by joggers

ぱっきーのファンラン日記♪:スイカロードレース結果速報 - livedoor Blog(ブログ)

0 件のコメント: